女性の方が体臭を感じる時間が長くなる可能性がある

女性の方が体臭を感じる時間が長くなる可能性がある

女性

 

体臭(たいしゅう)と聞くと、どうしても男性のイメージが強いと思いますが、
実は女性にとっても深刻な問題だったのです。

 

体臭とは、意外と本人が気づきにくいもので、
特に女性の場合は、自分に体臭が発生していたとしても、
周りにいる人は、なかなかそのことを指摘してこないと思われます。

 

そのことが、より女性の体臭を深刻化させる原因でもあるのかもしれません。

 

まず、体臭の原因が「汗」であることは、多くの方が想像できる事ではないかと思います。

 

そして、汗(汗腺)には、サラサラしていて乾きやすい「エクリン汗腺」と、
脂質やタンパク質などを含んだ、とても乾きにくい「アポクリン汗腺」があります。

 

詳細はクリアネオの口コミ

 

このどちらの汗も、元々は無臭だと言われています。

 

しかし、その汗が細菌と混ざることにより「悪臭」を放つことから、
汗が乾きにくいアポクリン汗腺が、細菌を発生させる影響が大きく、体臭を放出してしまいます。

 

特に、脇の下はアポクリン汗腺が活発に活動する場所のため、
「ワキガ」という強烈な悪臭を発生させてしまうわけです。

 

そして、この状態に女性ならではの悪条件が加わります・・。

 

短い間に、大量のアポクリン汗腺が「発生しては止まる」を繰り返す男性に対し、
長時間に渡り、ダラダラとアポクリン汗腺を発生させるという女性。

 

この習性から、ある意味女性の方が、体臭を感じる時間が長くなる可能性があるのです。

 

そして、年齢と共に気になる「加齢臭」。
この加齢臭に関しても、実は女性の方が長い年月悩みを抱えることになるといいます。
その理由は、女性ホルモンに原因がありました。

 

先にお話ししたように、体臭というのは「汗」が原因で起こるものです。
しかし、加齢臭というのは「皮脂」が原因だと言われています。

 

普段、女性が男性よりも臭いが少ないのは、女性ホルモンが皮脂の分泌を抑えているからなのです。

 

しかし、加齢により女性ホルモンが減少していくと、
皮脂を抑える作用が効かなくなり、加齢臭を発生しやすくしてしまいます。

 

逆に男性の方は、加齢により男性ホルモンが減少するため、
皮脂の分泌が減って、加齢臭が弱くなるというのです。

 

今まで体臭や加齢臭は男性のものだと思われていたことが、
このような現実を目の当たりしたことにより、
実は、女性にとっての深刻な悩みという結果になったわけです。

 

いずれにせよ、私達にできる対処法としましては、
睡眠や食事などによる生活習慣を整えて、

 

程度な運動とストレス発散を上手に進めていく・・。
これに尽きるのではないでしょうか。

 

女性のニオイ、体からのサインかもしれません

 

加齢臭は字の如く年齢を重ねる毎に強くなる体臭です。分泌された皮脂や汗が肌に常在している細菌と混ざりあい襟足や脇、足などから強いニオイを発します。ノネナールとよばれるこの物質が放つガスが加齢臭です。それは悪くなった油のニオイとも、発酵した食品のようなニオイとも表現されます。

 

少し前までは整髪料であるポマードによく例えられていました。頭皮や耳の裏、口などからも加齢臭が発せられる場合があります。加齢臭は自分では自覚しづらくとも他者には如実に感じられる不快なニオイであるため、その対策はマナーともされます。

 

主な原因には日常での多大なストレス、アルコールや肉中心の食生活、汗をかいてそのまま放置しているなどが挙げられます。

 

一般的に四十代以降の中年男性にこの加齢臭が強いイメージがありますが、実は女性にも加齢臭が現れることがあるのです。女性に体臭が強いイメージがないのは女性ホルモンの働きが体臭を押さえる働きがあるからですが閉経を迎えるとこの女性ホルモンの分泌量は減るため、今まで抑えられていた体臭が強くなる事があります。

 

早い人では三十代なかばから加齢臭がしてくるともいわれています。体が疲弊した状態だとニオイが強くなるともいわれ、ストレス・疲労・加齢といった要素が揃うと加齢臭が強くなりやすいです。
女性の加齢臭の場合は食生活やストレスを軽減する生活の見直しの他、ホルモンのバランスを整える漢方や豆腐や豆乳といった大豆製品を積極的に摂取するのがいいでしょう。
また体を清潔に保つことはとても有効です。

 

加齢臭の原因となるノネナールは粘度が高く肌にこびり付きやすく、シャワーを当てるだけでは落ちにくいのですが加齢臭対策用の石鹸やボディソープを使用することですっきりと洗い落とすことができます。また寝ている間に大量に汗をかいたと感じたら朝にもシャワーを浴びる習慣を作ってもいいです。

 

日常生活では自分に合ったタイプのデオドラントアイテムを活用し、可能ならば数時間おきに汗を拭いてから塗布しなおしましょう。