骨を強くする為に重要な食べ物について

骨を強くする為に重要な食べ物について

意外にも人間の骨は、他の細胞と同じように新陳代謝を繰り返し、常に生まれ変わっています。

 

そのスピードは、半年で新しい骨細胞が作られると言われています。強い骨を作り出す為にはカルシウムが不可欠であり、毎日の食事においてカルシウムを含む食品を摂取することの重要性は広く知られていると思います。しかし、実はカルシウムを多く含む食品をただ摂取するだけでは骨を強くすることはできません。カルシウムとは相性の良い栄養素と相性の悪い栄養素があり、バランスを考えなければせっかくのカルシウムも台無しになってしまいます。ここでは骨を強くする為に重要な食べ物について解説していきます。

 

まずは、カルシウムが豊富に含まれる食品です。代表的なものは、やはり牛乳やヨーグルトと言った乳製品です。摂取しやすい食品であり、吸収しやすい特徴もあります。その他の食品としては、にぼしやワカサギと言った小魚や、野菜では小松菜や大根の葉などにカルシウムが多く含まれています。

 

これらのカルシウム豊富な食品と合わせて摂取することでカルシウムの吸収を促進する効果がある栄養素としてビタミンDがあります。

 

ビタミンDを多く含む食品としてはイワシやシラスといった魚やキクラゲやしいたけと言ったキノコ類に多く含まれています。さらにビタミンDは日光に当たることで活性化される為、程よい日光浴をすることで、カルシウムの吸収をさらに促進させることができます。

 

さらに、カルシウムは吸収を促進させる栄養素以外にも吸収を阻害する栄養素もあります。それはリンです。リンは、スナック菓子やインスタント食品に多く含まれる傾向がある為、カルシウムを吸収する為にはリンを多く含む食品を摂取することを控えることが必要となってきます。

 

これらのように、骨を強くする為にはただ、カルシウムを多く含む食品を摂取すれば良いというわけではなく、吸収を促進する栄養素と阻害する栄養素のバランスを考える必要があります。