人には聞けない!デリケートゾーンのかゆみの対策法

人には聞けない!デリケートゾーンのかゆみの対策法

人にはなかなか相談できないけれど、デリケートゾーンのかゆみで悩んでいる女性は、結構多いのではないでしょうか?デリケートゾーンのかゆみは、悪化すると夜には眠れないほどひどくなったりと、日常生活に支障をきたすこともありますよね。そんな辛いかゆみの対策をご紹介します。

 

まず、かゆみの原因でもっとも多いのが、ナプキンやおりものシート、下着による蒸れからくるものです。ナプキンやおりものシートを頻繁に替えなかったり、通気性の悪い下着を身に着けているとどうしても蒸れてかゆくなりがちです。ナプキンなどはこまめに替えるようにし、下着もナイロンなどの化学繊維のものではなく、コットンなどの通気性の良い素材に変えましょう。

 

また、デリケートゾーンを体を洗うボディーソープや石鹸でそのまま洗っている人も注意してください。デリケートゾーンはその名の通り、他の部分に比べて非常にデリケートな皮膚でできています。そのため、通常の石鹸などではきちんと洗浄できなかったりかぶれてしまうことも。かゆみで悩んでいる人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしてみてください。

 

寝不足やストレス過多、生活サイクルの乱れなども肌に負担をかけるため、デリケートゾーンのかゆみにもつながります。きちんと睡眠がとれていなかったり、ストレスを強く感じている時は、自身の生活を見直してみましょう。日頃から食事もきちんとバランスよく摂るように心がけ、質の良い睡眠を十分にとることが大切です。

 

あまりにもかゆみがひどかったり長引く場合は、性器カンジダ症にかかっている可能性もあります。カンジダ菌は体内に常在する菌のため、健康な女性でもみんなこの菌を保有しています。しかし、体調を崩してしまったり、ストレスを感じたりすると体の免疫力が低下し、カンジダ菌が大量に発生してかゆみを引き起こします。また、この病気は再発しやすいものなので、一度かかってしまったらまずは病院で診察してもらい、適切な薬を処方してもらうのがベストです。

 

あなたに当てはまっているものはありましたか?もしあるようなら、今日から少しでも改善できるように対策をしましょう。また、デリケートゾーンのかゆみは深刻な病気の前兆ということもあるので、ひどい場合は放置せずにお医者さんにかかるようにしてください。