脇汗がプールのような塩素系のにおいになる原因とは

脇汗がプールのような塩素系のにおいになる原因とは

時々、自分の脇汗がプールのような塩素系のにおいになっていることに気づくことがあるでしょうか。中には、ワキガが原因でこのようなプール臭がしているのではないかと心配する方々もいます。しかし、このような塩素系のにおいがする原因はワキガにあるのではありません。

 

では、いったいどんな原因で脇汗がプールのような塩素系のにおいになるのでしょうか。一般に、人の体からは、二種類の汗が出ていると言われています。一種類はエクリン腺から出てくる普通の汗で、もう一種類はアポクリン腺から出てくる臭いのある汗です。一般的に言って、アポクリン腺から出てくる汗には、糖質や脂質、またたんぱく質などが含まれているものです。そのため、雑菌がそれらを餌にして繁殖し分解することによって、あの強烈な臭いを発することがあります。これがワキガの直接の原因と言うことができるでしょう。

 

しかし、もう一種類のエクリン腺から出てくる普通の汗は、ほとんどが水分でできています。ある報告によれば、エクリン腺から出てくる汗のおよそ99パーセントが水分であると言われています。つまり、その汗はほぼ無臭であると言えるでしょう。しかし、問題はその残りの1パーセントの部分なのです。そこには尿素やアンモニア、また塩素やナトリウムなどが含まれていると言われています。

 

 

普通、汗が口に入るとしょっぱい味がするものです。それは、汗の中に多少の塩分が含まれているからです。同様に、汗の中に少量の塩素が含まれているという理由で、脇汗が塩素系の臭いになるというわけです。しかし、この塩素系の臭いがする汗は、エクリン腺から出てくる汗であって、アポクリン腺から出てくる汗ではありません。つまり、ワキガが原因ではないのです。とは言っても、脇汗がプールのにおいのようになるのは決して気持ちのよいことではありません。自分自身も気になりますし、周囲の人をも不快にさせてしまうかもしれません。それで、何とかして改善したいと思うことでしょう。では、具体的に言って、どんな対策を講じることができるのでしょうか。

 

脇汗のプールのようなにおいを改善するための効果的な対策として、まずは普段の食生活を改善してみることができるでしょう。なぜなら上述したように、臭いは汗腺から出てくる汗の成分にも大きな関係があるからです。そして私たちが直接口にしている食べ物によっては、汗の量を増やしたり臭いを強くしたりする可能性があるのです。それでその種の食べ物をできるだけ避けると同時に、バランスの取れた食事を心がけることができます。加えて、普段から水分を十分に取り入れておくことによっても、気になる汗の臭いを改善することができます。

 

それでも依然として、脇汗がプールのようなにおいを、しているのであれば汗を抑える制汗剤を使ってみることができるでしょう。いろいろな商品が販売されているため、自分に合った、なおかつ効果の高い物を使ってみましょう。