人体は寒暖の体感に関わらず、常に汗をかいている

人体は寒暖の体感に関わらず、常に汗をかいている

ガスや水道代の節約のため、またはエコロジーの視点から「冬場はお風呂に入る回数を減らしている」という方は案外多いものです。毎日のように汗をたっぷりとかく夏に比べ、冬は確かに「汗をかいたな」という実感は少なく、ほとんど衣類にも汗じみは感じられません。汗をかいていないのだから、さほど頻繁にお風呂に入る必要もないのではないか、という考えから前述のようにお風呂回数を減らすこともあるのですが、実はこの考え方は間違いです。

 

人間の体は、暑い・寒いという寒暖の体感に関わらず、常に汗をかいているものなのです。確かに、夏のように衣類がじっとりとするような感覚はないのですが、それでも微量の汗が常に出続けているものと思って下さい。また、寒暖に関わらず緊張すると、わきの下などが汗ばむことがよくありますね。眠っている間ですら、人間の体は発汗を続けています。ある意味、体内の温度を調節する上で発汗は欠かせない現象ですから、汗が出続けていることこそ正常な状態であると言えるでしょう。

 

そのような「わずかな発汗」が続いている状態ですので、当然体も汗と老廃物にまみれて汚れて行きます。これを、汗をかいた感触がないからとしてお風呂に入らないでいると、まず確実に体臭の元となってしまいますのでご注意下さい。

 

また、冬場は陽光が弱くなることから、洗濯物の日光消毒効果もやや弱まります。普通に乾かしたつもりでも、衣服が完全に乾ききっていないということも多く、これもまた雑菌の繁殖を促して悪臭の原因となります。

 

「堆積した老廃物と汗の臭い」及び「衣類の雑菌臭」これらが重なると、周囲の人間にはつらい悪臭となってしまいます。迷惑をかけないためにも、冬場でも毎日体を清潔に保つことが大切です。お風呂自体の頻度は下げても良いのですが、軽くシャワーで済ませたり、体を蒸しタオルで拭くなどの代替案をとりましょう。洗濯物は、冬季は心持長めに干しておくことをおすすめします。冬こそ汗と体臭に気を付けて、健康的な生活を送りましょう。